幸せになりたいけど 頑張りたくない

実家暮らしアラサー女のブログ。「言語化能力を鍛えるため」という大義名分で更新されるが中身はくだらない。たまにコスメ・映画レビュー。

喪女のまま30代に突入した感想と変化

あまり言いたくないが、先日喪女のままついに30歳になった。30代突入である。

29歳と30歳は1歳しか違わないのに、20代と30代という大きな隔たりがある。その隔たりをついに超えてしまった、もう後戻りはできない、という絶望は徐々に諦めへと変化している。

 

正直20代であればどうにかなるのでは、と淡い期待を抱いていた。

婚活にしろ恋活にしろ、女性は若ければ若いほど有利と聞いたし、実際そうなんだろう。

 

10代の終わりに大学の先輩に片思い。クリスマスを一緒に過ごしたりいい感じになるも実らず。

20代前半は会社の上司に片思い。妻子ある方だったので、遠ーくから見るだけ。

20代後半に焦りと好奇心からマッチングアプリを使い始める。何人かと会い、うち一人と複数回会うが、LINEのやり取りとデートの予定を考えるのが面倒になって終了。

 

経験なんて呼べる代物ではないが、これぐらいの経験しかない。そしてもう行動する気力はない。

「あわよくば」という気持ちはある。ただ、相手を探しに外に出たり、オシャレしたり、会話したり、相手に気を遣ったりする面倒くささが「あわよくば」にどうーしても勝てない。相撲取りと綿がシーソーしてるようなもん。

「行動しなければ変わらない」という理論には賛同する。ただ「行動したからといって変わるわけではない」という事実もあることに気づいてしまった今、行動することに意味を見出だせない。そもそもそんな言えるほど行動してないんだけどね。

 

喪女のまま30代になったらマジで死ぬしかないとどこかで思っていた。

せめて処女だけでも20代のうちに捨てたい、出会い系とかで相手を探そうか、と真剣に悩んだことは一度や二度じゃないどころか、毎日考えていた。

それだけ悩んで結局そうしなかったのは、妊娠・性病・盗撮のリスクを冒してまで処女を捨てる意味を見出だせなかったからだ。出会い系を使って手っ取り早く処女を捨てたところで自信なんてつかないだろうし、わざわざ黒歴史をつくることもないと思った。

 

実際喪女のまま30代になっても「死ぬしかない」と思っているかというと、全然そんなことはない。追いつめられた焦りは、あっけらかんとした諦めに変わりつつある。20代の頃と比べて、今、とてもラクだ。

ラクになった理由はいくつか考えられるが、人と会わなくなったのが一番大きな理由だと思う。

喪女コンプレックスを刺激されるのは決まって、人が恋愛の話をしている時だった。

 

「彼氏」という単語

付き合っている男のグチ

マッチングアプリで取るべき戦略

忘れられない元カレ

豊富な経験に裏打ちされた「男って〜」

 

私には他の惑星の話にしか聞こえない話が、嬉々として話され、場を盛り上げる度、もしかしたら話をふられるかもしれない、バレるかもしれないと恐怖を感じ、これまで行動しなかった自分を恨み、責めた。

外出自粛ムードが相変わらず続いていて、在宅勤務に切り替わった今、飲み会が開催される心配もないし、職場でたまに話される恋愛話も聞くことはない。

「友達いなくていいかも」と思い始めてから人付き合いを絶ったのも効いている。「友達いないなんて人望なさすぎてヤバイ」となかなか絶てなかったし、今も「友達一人もいません」なんて言えないから、さもいるかのように嘘つく気満々だけど結果オーライだった。たまーに人と飲みに行きたくなることもあるけど、連絡取って日程決めたり、お店調べたりオシャレしたりする面倒くささがここでも勝るから、しばらくいいや。

 

喪女コンプレックスを刺激する他人との接点がなくなった今、自分が喪女であることを特にどうとも思わない。まぁ「喪女」って自分で言うの、いい気はしないけど。

世間一般の感覚からすれば、この年まで経験がないのは「人として欠陥がある」とみなされたりドン引きされたりするだろうし、自分でも受け身すぎたり行動しなさすぎたりという欠点があることは認める。前はその欠点を直すべきものと考えていたけど、今は「自分そういう人間なんで」と良くも悪くも開き直っている。

 

だらだら書いてしまったが、私の喪女コンプレックスは他人からの評価を気にして生まれたもので、他人から評価されない環境に身を置けば刺激されることもないと気づいたので克服する気もない、ということだ。

多分だけど「解決しなきゃいけない問題」って、人に知られなくても気になるレベルのものを言うんだと思う。そうじゃないことにまで真剣に取り組んでたら疲れちゃうよ。

 

コロナが収束して、また出勤したり飲み会が開催されたりするようになったら、20代の頃のように焦るのかもしれない。でも今は何もしたくないし、行動とかしんどいっす。

だから今はこのままでいいや、誰が何と言おうと。