幸せになりたいけど 頑張りたくない

実家暮らしアラサー女のブログ。なにもない毎日の日記がメイン。たまにコスメ・映画レビュー。

2021.7/25 なにもしてないのに疲れる

本を読んでも読み終えたそばから内容を忘れてしまうので、ちゃんとノートに内容を書き留めるようにしている。紙のノートだとどうしてもかさばるし、万が一人に見られたら恥ずかしいという気持ちもあり、iPadのノートアプリに「読書ノート」として残すことにした。

iPadを買った日に読書ノートを書けると思っていたのに、実際に書けたのはiPadが届いてから1ヶ月以上経った今日だった。時間かかりすぎ。一番体力をもっていかれたのがノートアプリの選定。私はマインドマップ式に本の内容を書き留めていて、これだとどの方向にどれだけスペースが必要か書いてみないとわからない。iPadには無限に広がるノートアプリがいくつかあって、そのどれを使うかを決めるのになぜか時間がかかってしまった。

「無限にノートが広がるならなんでもいい」というゆるゆるの条件しか設定していなかったのが、時間がかかってしまった理由の一つだと思う。「とりあえず使ってみないとわからないよね」とアプリを落としてみたものの、左右にしか広げられなかったり、いまいち使いづらかったり。そうこうしているうちに「もうiPad使うの諦めて紙にしようかな…」と思ったけど、せっかくiPad買ったんだしもう紙にスペース割きたくない!と意地で試し続け、やっとまぁまぁ使えそうなのを見つけました。疲れた…本当に疲れた…

本当は紙がいいんですけどね。実際iPadのノート使ってみて「やっぱり紙が一番書きやすいな」と思ったし。私はスマホとかパソコンとか、ネットにつながるものに打ち込んだ文章とか保存した写真は基本誰かに見られると思っているので、そんなところに自分がおぼえておきたいことを書いておくのは抵抗があったんですよね。映画「スノーデン」を観てからそう思うようになって、スマホにもパソコンにもあまりさわりたくなくなりました。全然さわってるけど。

 

四連休終わるけどほとんどなにもしなかったなー。冗談抜きでずーっとYouTube見てた気がする。最近さすがに飽きてきて、動画の途中で見るのやめて他の動画探し始めることが増えた。結局同じことを繰り返すとわかっているのに、また新しい動画を再生して…と繰り返していると気持ちもだれてくるし体もぐったりしてくる。でも他にやることないからまた新しい動画探して、とゾンビみたいだなと今思った。

2021.7/22 本屋は沼

f:id:almostcinefil:20210722221030p:plain

(c)kiri子

午前中に部屋の掃除をして、本棚と机の中のものを全部出して整理した。いるものといらないものに分けて、いらないものはフリマアプリに出品した(早速いくつか売れた)。読んでいない本は優先的に読もうとまとめて机の上に積んだ。本棚に入り切らない分も同じように積んだらこんな有様になった。どうするよ、これ。

そんな状態なのに午後、気になっていた本を買うべく出かけた。気になっていた本は数日前に平積みにされていたところになく、店員さんに探してもらった。本も服も出会ったタイミングで買うのがベストなんだな、と学ぶ。1冊だけ買って帰るつもりが、店内ですーごく素敵な本を見つけたので学んだばかりの教訓「出会ったタイミングで買うのがベスト」を実行した。すでに本棚に本が収まりきらない家に新たに本を持って帰ってきて途方に暮れてる。いやホントどうすんのよこれと自分に問い質してる。

本を積んだ机の上を眺めて途方に暮れるうち、「これは文章でなく絵で描いた方が伝わるな」と思い、早速iPadで描いてみる。私の画力では凄惨さが伝わらないし、途中で疲れてはしょったので「伝える」という目的は果たせてないけど、今までiPadで描いた絵の中ではまともだと思う。楽しかったし久しぶりに無心になれた。本当はノートパソコンとかボックスティッシュとかも置いてあって空いたスペースなんてないので、今は両脇に本を押しのけて、なんとかキーボードを打っている。いや〜どうすっかな〜これ。

2021.7/21 もっと楽しく生きたい

仕事でやらかして落ち込みたくなかったから思考停止するためにYouTubeてんちむちゃんの動画見てた。

www.youtube.com

バスクチーズケーキをこれでもかと食べるてんちむちゃんを見てたら私も食べたくなってコンビニに走った。本当は走らず歩いていったけど気持ちは走ってた。スイーツの棚を隅から隅まで見てもバスクチーズケーキはなかったので別のチーズっぽいスイーツを買って帰ってさっき食べ終えた。まぁ満足。バスクチーズケーキって流行ってるからどこのコンビニにも売ってるかと思ったけどそんなことなかった。どこに売ってるんだろうバスクチーズケーキ。

 

先日本屋でパラ見した本が今さら欲しくなってきて明日買いに行こうか迷ってる。なんであのとき買わなかったんだろう。本に限らず服でもなんでもこのごろ買うべきか買わないべきかの判断力が鈍ってるので「迷ったら保留」にしてる。それで正解のときもあるし今回みたく失敗だったときもある。いまだに読めてない本があるのにこれ以上本が増えたら机の上も片付かない。

ずい分前に試着して気に入ったけど値段が高くて諦めたワンピースがセールで安くなっているとネットで見た。買おうかな。と迷っている間に売り切れてしまっていた。買えなくて残念なはずなのにどこかホッとしている自分がいる。手に入れられなくなるともうそのものについて考えなくてよくなるから。最近待っていれば服も安くなると知って余計買う踏ん切りがつかなくなっている。困った。無駄遣いをするのがこわくてたまらないので財布の紐を堅くして過ごしているせいかあまり楽しくない。貯金とかあまり考えない方が楽しいのかな。

2021.7/19 「菅さんの支持率3割切った」って聞いて鼻で笑いました

小山田圭吾のいじめがいろんなところで取り上げられていて、なにかと思ったら小山田が五輪の楽曲を担当したことがきっかけで、いじめのことを知らなかった大勢の人に知られて問題になっているらしい。まぁそうだろう。ファンでない私が昔からいじめのことを知っていたぐらいだし、「問題になってるから謝ります」感満載だし。

(前からGoogleの検索窓に「小山田圭吾」って打ち込んだらすぐ「いじめ」って出てきたと思うんだけど、起用した人はググることすらしなかったのかな。あんな大きな大会なのにそのへんテキトーに決めるのね)

ニュースを見ていて、「いじめた側が謝ってもなんの意味もないよなぁ」とつくづく思った。いじめた次の日ぐらいなら意味はあるかもしれないけど、数十年後とか「なめてんの?」としか思えない。たとえ心から「申し訳ない」と思っていても、その言葉にも行為にもなんの価値も意味もない。

いじめをいじめではなく「犯罪」にして、警察が介入できるようにして、刑罰を導入して、進路と就職にもガンガン影響するようにして、それでもやっと抑制効果がある程度で完全にはなくならないと私は思っている。学校ってサバイバルだよね。もう通わなくていいってそれだけでうれしい。ごくまれに「いじめられる側にも原因がある」とかドヤ顔で言っちゃう人いるけど、境遇と頭がすごく幸せな人なんだと思う。そんな人に会うたび「どうかコイツがいじめられますように〜どうかどうか理不尽な目に遭いますように〜」と心の中で拝み倒してる。

東京五輪やるって決まってからいいこと一つもない」ってTwitterで見かけて「ホントそう」と思った。呪われてんじゃないの。頼むから私が払った税金1円も使わないでほしい。どうせ湯水のごとく使われてるんだろうけど、とため息をつきそうになったけど、そもそも湯水のごとく税金払ってなかった。とりあえずお金返して。

若者が選挙に興味がない理由って、こういう「どうせ自分が考えて行動したところで世の中変わらない。本っ当にマジで1ミリも変わらない」という実感から無力感が少しずつ少しずつ蓄積された結果だと今まさに実感している。それでも選挙に行くのは、いつかチェーン店のカフェで見かけた「あたし選挙とか行ったこと一度もなーい。行っても意味なくない?でもニュース見てたら文句言うし『もっとこうしてほしい』って思う」と言っていたバカそうな女と一緒になりたくないからだ。「価値ある一票」は「当選した人に投じた一票」で、世の中の大多数の人と意見を違える庶民の一票なんて価値がないのだ。

 

前置きで書こうと思ってたのに気づいたらいつもと同じぐらいの長さになってた。こういうご意見番みたいなこと書くのはなんか違うと思うんだけど、まぁいいや。

2021.7/15 アイスとゼリーのストックが切れた

f:id:almostcinefil:20210715211531p:plain

(c)kiri子

せっかくiPadを買ったのでお絵描きをしてみる。iPhoneよりは描きやすいものの、出来は大して変わらず絵心の無さを露呈するだけとなった。まぁいいや。底辺のもの見せちゃうとあと何見せても怖くなくなるよね。ちなみにこないだ買った日焼け止めを描きました。レジ行った瞬間ネットにつながらなくなってクーポン使えなくて凹みました。仕事してくれ格安SIM

 

仕事の後にスーパーに行って買い物をしてきた。毎回買うものがほとんど変わらないので栄養が偏ってるなーと思う。

意識して外に出ないと一日中YouTubeを見てしまうので、買うものがない日もできるだけ散歩をするようにしている。家の中にずっといると嫌なことを思い出したり考えたりしてしまって気が塞ぐけど、外を歩くと気持ちがほぐれて精神が安定する気がする。家の中にいるとマイナスに傾くのを、0に戻す感じ。

散歩中に「昔は自分が好きになれそうな音楽とか夢中になれそうなマンガに片っぱしから手出してたなー」と思いだした。「あの頃が私の人生の黄金期だった気がする」と若いとき軽蔑していた懐古主義的な考えに浸っていることに気づいた。「あの頃は良かったな」なんて死んでも言わないと決めてたのに!

この頃、というか数年前からなににも興味が湧かなくて、なにをするにも億劫で腰が重くなってしまっていたけど、今よりもう少しだけ視界を広げよう。そう思って家に帰って早速アマゾンプライムミュージックのアプリを立ち上げた。名前と顔だけ知っていたデヴィッド・ボウイのプレイリストをなんとはなしに再生してみる。最初に流れた「Heroes」という曲がどんぴしゃで「試しに聴いてみて良かった!」と思った。なんでもやってみるもんですね。

「行動しなければ変わらない」という事実にはまだうんざりするし、「行動してみようかな」と試す気持ちより「行動しても変わらないこともあるけどね」といじける気持ちの方が大きいけど、とりあえず0.01歩ぐらい前進ってことで。

2021.7/14 なにもやりたくなくてもブログは書ける

ドラッグストアに買い物に行くだけなのにピアスをした。外したら出血しててあーあーと言いながらティッシュでふいた。病院で開けてもらったピアス穴はトラブル続きで、医療従事者でもなんでもない友達(当時)に開けてもらったピアス穴はノートラブル。解せない。けどそんなもん。

 

一日中机に座って仕事をしただけなのになにもやりたくない。というかやりたいことがなにもない。原因はちゃんと食事をとっていないことで、そりゃエンジン入れなかったら車も動かない。お腹はすいているのになにを食べたいのかわからず、なにを見てもピンとこなくて「じゃあ別に食べなくていいや」というバカな選択を繰り返している。と言いつつお昼にめちゃくちゃおいしいアボカドとたらこのパスタ食べました。昨日買ったアボカド、めっちゃいい具合に熟してました。「おおぉ〜〜やったよ〜〜!」と一人言を言うぐらいには感動しました。またアボカド見極められるようになって良かった。本当に良かった。

 

Amazonプライムデーに買ったプロテインが変に甘ったるくて困っている。こういうのに限って大容量。いつなくなるんだこれ…めずらしく特大のニキビができたので、積極的にタンパク質を摂取したいところだけど、この味じゃなぁ…

 

「なにもやりたくない」と言いつつ、ブログを書くのはやっぱり楽しい。こんなときでも「楽しい」と思えて、こんな状態でもキーボードカタカタ打てるってわかって良かった。

2021.7/11 インスタのアプリを削除した

アボカドの目利きができなくなってしまってへこんでいる。たかがアボカドの目利きでも、私にとって「唯一」といっていいぐらい自信をもっていたことで、それができなくなるのは足元ががらがらと音を立てて崩れるに等しい。

というのは少し大げさだが、自己肯定感がうそみたいに低い人間にとって「得意なこと」は、唯一自分の価値を感じられる部分だ。だからこそそこが崩れてしまうと、今より低くなりようがない自己肯定感がより低くなるというリスクもはらんでいる。そんな自己肯定感爆下げ事件がここ数日で二回も起きて絶望している。

前は百発百中だった。当日食べるのはもちろん、2〜3日後に食べるのにピッタリなものも選べた。私がアボカドを買えば予定通りおいしいアボカドを食べられるのは当然のことで、まさか裏切られるとは夢にも思ってなかった。

アボカドに限らずスーパーの食材を散々手で触って吟味している人をたまに見かけるが、あんなのはナンセンスである。真の目利きは適度な距離からの目視で状態を確認できる。自分の手でこねくり回したものは自分で買おうな。周りの人みんな「うわあ…」って目で見てるぞ。気づいてないの、お前だけだぞ。恥を知ってくれ。

そんなわけで2回も連続で熟していないアボカドを買ってきてしまった。熟していないアボカドを食べるなら生よりも火を通した方がいいと見たので、グラタンにして食べた。まぁまずくはない。というか他の具材とグラタンの味付けでアボカドの存在感なんか皆無である。すまない。

 

暇になるとインスタを見てしまうのだけど、この頃見ていて気分を害する投稿(おそらく投稿者に悪意はない)をよく見かけるので、ついさっきアプリを削除した。

削除する直接のきっかけになった投稿はこんなものだった。

「お体に気をつけて」とか「病気にならないようにね」は呪い。脳は否定形を理解できないから「病気にならないようにね」は「病気になる」と理解される。先日こんな内容のメッセージをもらってすぐ「呪いだ!」と気づいたので、返信せずブロックしました。

 いやいや、気遣って言ってくれたのかもしれないのに返信せずブロックはないだろ。と思ったら「知りませんでした!教えてくれてありがとうございます」だの「私もやってしまってました。気をつけます」だの、投稿者を「教祖」とあがめているかのようなコメントばかりで久々に心の底から気持ち悪いと思った。「私もやってしまってました」ってコメントがあるぐらいだから、相手にその気がなかった可能性ぐらい想像できそうなのに。「私人の気持ちとかわかっちゃうから〜」って聞いてもいないのにエスパーアピールしてくるやつ、たまーに見かけるけど、それは違うぞ。お前らが人の気持ち勝手に決めつけてるだけだからな。

直接知り合いが罵られたわけじゃないのに、なんでこんな気持ちになるんだろう。まぁでもこれで無駄にスマホいじる時間も減っていいでしょう。

最近YouTubeのコメントチェック機能の性能が上がって、投稿者を攻撃したり非難したりするような内容はAIが自動で削除するようになったらしい、と聞いた。あからさまな誹謗中傷は削除された方がいいと思うが、それと並行して投稿者に対する反対意見も「書いてはいけないもの」として受け取られるようになった気がする。聞いてもないのにアドバイスされたり意見されたりするのが嫌な気持ちになるのはわかる。とってもとってもよくわかる。私もされたらムッとする。それでも賛成と称賛と承認ばかりのコミュニティが健全とは思えない。