読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピエロがお前を嘲笑う(Who Am I - No System Is Safe)

ある映画を元ネタにしたマインドファック・ムービー。

マインドファック・ムービーとは、見る人の予想を覆すドンデン返し映画のことだそうで、この映画をきっかけに知った言葉です。

 

とある映画感想ブログで、私の大好きな映画が元ネタになっていることを知ったのが鑑賞のきっかけ。

なので、この作品の肝ともいえるドンデン返しの部分は素直に楽しめませんでしたが、それでもおもしろかったです。

何がおもしろかったのか?

 

①元ネタ映画を知っている人も、最後は騙される

この映画ではドンデン返しが2回用意されています。

最初の1回は、元ネタ映画を知っている人は騙されません。

しかし最後のドンデン返しは、元ネタ映画を知っているからこそ騙される内容で、こちらの裏をかくよう練られています。

 

②元ネタ映画がおもっきし出てくる

数秒なので、知っている人じゃなければ気づきませんが、思いっきり出てきます。

しかも主人公の部屋に。

自分の好きなものが元ネタに使われていると「元ネタの方が優れている」と証明したくなるというか、反発したくなるものですが、劇中でここまでネタばらししていると好感を抱きます。

同じものに憧れ影響を受けた同士、とでもいうんでしょうか、そんな気持ちが芽生えます。

正直「それはどうなんだろうなぁ」と脚本の詰めの甘さが気になる場面もありますが、同じ映画ファンとしては許しちゃう!

あるもののCG映像や、一時停止して主人公のナレーションが入るところ、高速巻き戻しなど、技術面でも「あれと同じだ!」とすぐにわかるように編集されていて、最早潔いです。

元ネタがあの映画だと知らなくても、「もしかして、これ…」と気づいた人もかなり多かったのでは。

 

③サイバー空間の表現

サイバー空間というバーチャル空間を、満員電車のような映像で表現しており、これが意外と合ってる。というか「サイバー空間ってこんな感じかも」と思わせる。

自分以外の乗客(ユーザー)がいることはわかるけど、素性まではわからない。

ラスボス的存在、MRXの衣装が安っぽいことや、ハッキングを行っているPC画面のリアリティのなさは気になってしまいました。

元ネタ映画の監督作で、ハッキングやSMSの映画がありましたが、あちらは実に上手く作っていたんだなということがわかります。

 

元ネタ映画のファンにも好感を抱かれる、なかなか希有な映画です。

最後に、元ネタばらしのシーンを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:almostcinefil:20160911144859p:plain

 

 

石けん石けん!