読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リトル・ダンサー(Billy Elliot)

ネタバレあり。

 

ニンフォマニアック」のジェイミー・ベルがあまりにも美しかったのでレンタル。

彼の記念すべきデビュー作。

この時から顔変わってない!美少年!

 

踊ることが好きで、バレエダンサーを夢見る少年ビリーが、男女に対する価値観が古い村で、夢を叶えるため奮闘します。

「信じていれば夢は叶う」の王道パターンです。

悪く言っちゃえば、目新しさやリアリティな描写はありません。

王道パターンをなぞっているので、正直書くことといえばジェイミー・ベルの変わらぬ美貌ぐらいなのですが、気になったことが一つ。

女性の映し方というか、扱いがとても雑に感じました。

例えばビリーにダンスを教えてくれて、受験にも協力的だった先生。

ビリーの夢に反対していた父と兄を説得してくれた先生が、ビリーの初舞台には来なかったとは考えられません。

おまけにビリーのダンサー名門校受験に尽力してくれたのに、合格と聞いても別段嬉しそうでもなく、それっきり出て来なくなります。

ビリーに「負け犬」と言われたことを根に持っているとも考えられますが、あんなに目にかけていた教え子の晴れ舞台を観に行かないのは腑に落ちません。

さらにその先生の娘であり、ビリーに想いを寄せていた女の子なんて、合格すらビリーの口から聞くことなく、出なくなっちゃいました。

あの年の子どもにセックスを語らせておいて、この扱いはちょっと納得いきません。

果たして登場させる意味があったのか?

ビリーの初恋を表現するためとも思えますが、ちょっとなぁ…。

 

ビリーの初舞台を観に来たのは父と兄、ゲイでビリーに好意を寄せていた男の子のみ。

もしかして、監督女嫌い?なんて邪推するぐらい。

監督はスティーブン・ダルドリー。

同監督の「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」「トラッシュ!」は鑑賞済みですが、これら2本の映画ではそんなに女性の扱いが気にならなかったので、特別そういうわけじゃなさそう。

 

あとこれはどうしようもないのを承知で書きますが、数年後ビリーが成長しすぎてて、最初誰かわかりませんでした。

父と兄はわりとそのままだったので、数年後のシーンであることに気づけませんでした。

時間の経過を人物で表現するのは私が想像するよりはるかに難しいのでしょうが、父と兄のメイクをなんとかすればよかったのでは?なんて偉そうに思っちゃいました。

 

バレエダンサーになる映画ですが、なぜか多用されているTレックス

なぜこの選曲なんだろう?

オープニングで「Get It On」流れたときはテンション上がったけど。

いろいろ首をひねった映画でしたが、調べるほどではありませんでした。

 

いろいろ書いたけど、ジェイミー・ベルの美しさは格別でした。